ダンススクール 静岡

意外と知られていない「先生に対する言葉のマナー」

静岡ダンススクールリアン代表、本間です。

 

今日の話は、ちょっと堅苦しい話かもしれません。
知らないと損をするとか、知っていると得をするとかいう話でもありません。

 

ダンス講師などの先生や、目上の方などに対する礼儀の話です。
二つ紹介しますね。

 

ダメな発言の例1「先生、バレエのピルエットって出来ますか?」

 

※ピルエットっていうのは、片足で立ったままクルクル回転する動きです。

 

このように「能力を尋ねる質問」は、礼儀を欠いたものになります。
これは、なんとなく分かりますよね。

 

意外と知られていないのが、次の二番目のものです。

 

ダメな発言の例2「先生、コーヒー飲みたいですか?」

 

「当然ダメでしょ」と思う人と、「どこがダメなの?」と思う人といると思います。
コーヒーをすすめる行動そのものに問題があるのではなくて、その言い方に問題があるのです。

 

実は「欲求を尋ねる質問」もNGです!

 

先生や目上の方に、「~したいですか?」はイケマセン。
なので、同じコーヒーをすすめる発言でも「先生、コーナー飲みます?」であれば OK。

 

ちなみにこの話は、放送大学の授業の中で紹介されていたものです。
まだ放映が無料だった頃に学びました。

 

最初に言った通り、知っていたから得とかいう話ではありませんが・・・

 

こういうちょっとした言葉のマナーを知っている人は、美しいですね。

 

ダンスの先生とも、良いコミュニケーションを取って頂ければと思います!

 

というわけで静岡ダンススクールリアン、ただ今、開講に向けて準備中!
お問い合わせ、お待ちしております。

 

 

お気軽にどうぞ♪

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

 

   無料相談はこちら

トップへ戻る